ラスベガスの必需品とは!

ラスベガスでの旅行で、ちょっと困ったことについてお話しします。
初めてラスベガスへ行った時に非常に困ったという印象があったのが、
目の乾きなんです。
私の場合、コンタクトレンズを使用しておりますので特に目の乾燥が気になったのかも知れませんが、とにかくラスベガスは乾燥が気になります。
というか、ラスベガスで乾燥が気になるというのは、日本人特有の感じ方かも知れません。
日本でも常にエアコンなどで乾燥しがちな夏と冬はドライアイ用の目薬は必需品でしたが、ラスベガスではかなり頻繁に目薬を使用しました。
それもそのはず、ラスベガスは砂漠の真ん中にある都市なので、そのお日さまの日差しときたら、日本では夏ぐらいにしか経験したことのないような日差しをラスベガスで感じました。
いや、太陽の日差しがあんなにも強い経験は日本では経験したことが
ないかも知れません。
ラスベガスでは目や肌にもきっと強い日差しからの紫外線の影響があると思いますので、サングラスや日焼け止めは女性だけでなく、男性でも携帯される方がいいと思いました。

ラスベガス到着後、丸一日、サングラスなしでウロウロしていて時差ボケと初めてのラスベガスでの興奮で寝付きにくい思いをしましたが、ラスベガスと日本の時差や、ラスベガスに来たぞ!という興奮だけでなく、昼間の日差しの影響か? 目を閉じても明るい部屋にいるような錯覚を起すぐらいでしたので、初めてのラスベガスではドライアイ用目薬とサングラス、日焼け止めクリームは必需品ですのでお忘れなく。
あと、ラスベガスだけでなく海外でのコンタクトの洗浄で現地の水を使うのをためらわれる方はコンタクト専用の洗浄液も持っていかれた方が
いいかも知れません。
私はラスベガス以外でも、水についてはかなり気にする方なので・・・
私みたいに少し神経質な方用に、このような記事を書かせてもらいました。

みなさんのラスベガス旅行が快適に楽しく過ごせますように!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。