「シルク ドゥ ソレイユ」の「O」(オー)

もうすぐクリスマスです^^ ラスベガスのクリスマスはどんな素敵なエンターテイメントをみせてくれるのでしょう♪
そんなラスベガスでの人気のショーをご紹介。
「オー」今回もラスベガスのショーに迫ってみました。

前回のラスベガスショーで紹介した「ミスティア」とおなじカナダのサーカス団「シルク ドゥ ソレイユ」のステージです。
CIRQUE DU SOLEIL 「O」(オー)

水を駆使した幻想的な世界に引き込まれてしまうステージのショーになっています。
その独特なステージは見てみないとうまく言葉では表現できないといわれています^^
機会があれば見てみたいショーの一つに間違いなく入りそうです♪

ショーの内容は、同じシルク ドゥ ソレイユが演じているためか、独特の神秘的な部分ではトレジャーアイランドのミスティアと似ている雰囲気があるそうです。が、それでもミスティアとはまったく違った別のショーみたいです。
始めから終わりまですべての演出はプールの水上、(空中も含みます) もしくは水中で披露されます。
水深や広さが変化してしまうすごい仕掛けのショーで、その規模で圧倒されてしまうそうです。
ラスベガスのショーは想定外ばかりでいいですよね^^
また舞台も規格外の大きさで1800人収容の専用会場、これまでのラスベガスのスタンダードを超える非常にゴージャスな会場なのですって♪
シートの横の配置が直線的ではなく、全席がステージに対して真っ直ぐ向くよう弧を描くように配置されていて、中心からかなり外れた壁際のシートでも正面にステージを見ることができます。また、フロアの傾斜がきつく設定しているため、前の席の人に視界を妨げられにくく、けっこう後ろの席でもステージがよく見渡せ工夫が施されています。
ミスティアの工夫と同じように観客の視点から創意工夫してくれているのがさすがエンターテイメントの街ラスベガスのショーです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。