ラスベガスで働くには

このブログではこれまでにラスベガスで働いている人たちの紹介をしました。
実際に私が働いたらあんな笑顔で働けるかどうか想像して妄想で楽しんでました。それでふとおもったことがあるんです。

ラスベガスで働くにはどうするの??って漠然と考えてしまいました^^
それで、アメリカという国で日本人がどうしたら働けるのだろうか?
海外旅行気分で簡単にはいかないだろうな・・すこし調べてみよう。

まず、アメリカで働くにはビザが必要になります。観光旅行では、ビザなんて必要
なかったですが・・・簡単にだれでも発行してくれるのでしょうか??
やっぱり・・・

簡単には就労ビザは取れないみたいです^^;
特に9.11のテロ以降、審査がより厳しくなっているみたいですね。許可をもらうに
は手続きが従来以上に長期化されるケースが多いみたいです!!
いままでの方法で取得できていた方法でも、実際その方法で申請した人がビザ取得
を拒否された事例がありました。謎めいている却下などあるみたいです^^;
必要書類や手続き方法を詳しく調べるには、アメリカ大使館で聞く必要があります。

それ以外では、やはり学校に通ってから行く方法などでしょうか。学校からの案内
もあるでしょうしね。
カジノディラー育成スクールやホテルマン育成のスクールなんかもありました。

夢ある人ならば挑戦してみればいかがですか^^

笑顔でサービス

ラスベガスに実際行って感じたことなのですが。

働いている人がみなさん笑顔なんですね!!
最高の気分にしてくれます、積極的にサービスをおこなってくれるし、何より温かい心使いが、たくさんありました^^ みんな親切。

ラスベガスってアメリカって、チップの国ですよね。消費者がそのサービスにボーナスという感じですかね、サービスを受けた分の報酬をあげます。

その文化は特にラスベガスみたいな接客を生業としているところでは盛んですね。
そのチップを貰おうとするための笑顔も、確かにサービス精神旺盛で振舞うというのも感じますが、そんなのじゃなく、接客・サービス・ふれあいが好きなんじゃないかと思うんですね!

そう感じました。
ラスベガスで働く人たちの笑顔が印象にとても素敵な思い出で残ってます。お金じゃない、サービス感を受けれたと断言いたします^^

海外旅行に行かれる方で、ラスベガスが候補に上がっているならば、おすすめですよ。

ラスベガスに行こう

なぜ人はラスベガスに魅了されるのか?

ラスベガスの魅力を考えてみました。

最近のラスベガスは、カジノだけでなく、いろいろな楽しみ方があることはよく知られた話です。

ショーや、アトラクションはもちろん、ショッピングから、周辺の自然探索で・・・

昔の「ラスベガス」というダークなイメージを一掃し観光スポットとして生まれ変わりました。

それでもやはり多くの人は「カジノ」が最大の目的であることは否定できないのではないでしょうか?

特に日本のように「カジノ」の存在しない国からの訪問者はです。

ラスベガスが観光スポットとして生まれ変われたなかでの成功とも言うべき点もまさにここにあると思います。

人々の心の中に「カジノ」という金銭的な魅力を含めたままイメージをクリーンにしていった。

お金が欲しくない人はいない。ジャンボ宝くじが毎回毎回売り切れ御免であることからもわかります。

ラスベガスが人を魅了するのはあなたの心の中の小さな期待を損なわない。

そして、もしもカジノで負けてしまっても・・・
「観光にいって軽く負けちゃった」という言い訳まで用意している部分がとても大きいいのではないでしょうか?

ラスベガスの再生プロセスを、日本の競馬やパチンコなどのギャンブル業界も見習っていってもらいたいものですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。